がん予防できるスムージーとは?効果的な栄養素とおすすめ食材について!

スムージーとガン予防について

現代の3大疾病のうちのひとつと言われているのががんです。

がんは、ご存知の通り命を脅かすとても危険な病気です。
日本人は、2人に1人、約半分の方ががんにかかるといわれています。

また、日本人の3人に1人ががんによって命を落とすといわれているほど、死亡率が高い病気でもあります。

がんは事前に予防することがとても大切です。
しかし、日本人でがん予防に対して、意識的に取り組んでいる方はそれほど多くありません。

少し意識するだけで、大きく変わってきます。
将来、生きるか死ぬかを分ける大切なことですので、この機会にがん予防について見直してみてはいかがでしょうか?

 

がんを予防するために大切なこと

事前のがん予防に大切なことは、大きく分けて以下の2つが挙げられます。

  • 腸内環境を整えること
  • 定期的に検査を行うこと

 

腸内には、善玉菌と悪玉菌が存在しています。
悪玉菌は、便秘や下痢の原因となりますが、同時に発がん物質を作り出してしまう作用があります。

善玉菌は、腸の活動を活発にする働きがあり、健康体へと導く効果があります。
腸内環境を整えることで、悪玉菌を抑え、善玉菌を増やすことができます。

結果として、発がん物質の発生が抑えることができるため、がん予防へとつながります。

また、がんによる死亡が多くありますが、この原因は、早期発見できなかったことに尽きます。
これは、定期的にがん検査を行うことで防ぐことができます。

知っていながら、なかなか検診まで至らない方が多くいるのが現実です。
1度だけでも診断してみるという、その行動こそが大切なのです。

 

がん予防できる栄養素は?

普段から腸内の環境を整えることで、がん予防につながることがわかりました。
特に効果的な栄養素は、以下の2つです。

  • 食物繊維
  • オリゴ糖

 

食物繊維

食物繊維を取ることで、前立腺がんや大腸がんになるリスクを下げることができると言われています。

食物繊維には、身体にとって有害となる物質を排出する働きがあります。
この働きによって、発がん物質を体に蓄積することを防ぎ、予防につながります。

そのため、食物繊維が不足してしまうと、がんになるリスクが高まります。

 

オリゴ糖

オリゴ糖は、腸内の善玉菌のエサになる働きがあります。
それによって、善玉菌は増殖して、悪玉菌を減らすことができます。

また、有害な物質の吸収を抑える効果があります。
結果として、発がん物質を生み出すことが少なくなり、がん予防につながります。

 

がん予防できるスムージーのおすすめ食材

明日葉

明日葉は、青汁などの健康食品によく使用されます。

独特の苦みや香りがあるため、料理で使うのは難しい食材です。
しかし、摂取しないのがもったいないほど、栄養素がとても豊富に含まれています。

特に食物繊維が豊富で、100gに約5.6g含まれています。
これは、ほうれんそうやケールのおよそ2倍の食物繊維が含まれていることになります。

 

バナナ

バナナはオリゴ糖が豊富に含まれています。
腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌を活性化させ腸内環境を整えるのに役立ちます。

スーパーで安く簡単に手に入るため、お手軽に使うことができるフルーツです。
まろやかな飲みやすいスムージーへと味を調整してくれる働きもあります。

 

いちじく

いちじくは、食物繊維が豊富に含まれているフルーツです。
食物繊維は、グリーン系の野菜に多く含まれている傾向にあるため、飲みにくいスムージーになってしまいがち。

そんなときは、いちじくのほんのりとした甘みで飲みやすく、食物繊維を豊富に摂ることができます。

特に生いちじくよりも、乾燥いちじくの方が約5倍もの食物繊維が含まれているため、おすすめです。