栄養で目の疲れを癒す!スムージーで目の疲れを解消させるには?

目の疲れを解消するために工夫していることはありますか?
大多数の人は、ほとんど何もしていないのが現状ですが、目の疲れはさまざまな影響を及ぼします。

スムージーのどんな栄養素が、目の疲労解消効果があるのかご紹介します。

 

目の疲れをとる方法について

現代人は、仕事やプライベートでパソコンやスマートフォンを操作する時間が増え続けており、日々、目にかかる負担は深刻なものになりつつあります。

目の酷使による疲れ目は、以下のような悪影響を及ぼすことがわかっています。

  • 視力の低下
  • 目と繋がっている肩の筋肉の緊張による肩こり
  • 全身の巡りが悪くなることで慢性疲労

 

目の機能低下に関しては「スマホ老眼」という言葉が出てくるほどであり、影響を受けている人が多いことがわかります。
決して軽く見過ごされるべき状態ではありません。

目の疲れを取るためには、さまざまなアプローチの方法があります。

  • 文字媒体から離れて意識的に目を休める
  • 適切な睡眠をとって身体全体を休める
  • 遠くの風景に視線を向けて目の筋肉の使い方を変える
  • 目の疲れを癒す栄養素の補給を行う

 

 

スムージーで目の疲れの解消できる栄養素は?

無理なく自然な形で体内に栄養を摂り入れるには、欲しい栄養素に着目し、それを多く含むものを口にできるよう工夫を凝らしてみると良いでしょう。

中でも自作のスムージー作りは、自分の目で判断して食材を選ぶため効果を意識しやすく、簡単に習慣づけることができるとあってとてもおすすめです。

特に、緑黄色野菜等、色の濃い野菜には目の疲れを取り去るため、機能を向上させるために効果的な栄養素が多く含まれていますが、代表的な栄養素は次の通りです。

 

アントシアニン

ベリー系の果実に多く含まれる成分で、赤、青、紫色などの水溶性の色素のことを指します。
目の疲れに働きかける栄養素として比較的早くから注目されてきました。

具体的には、網膜に張り巡らされた毛細血管の血流を良くすることで目の活動力アップにつながります。
また、摂取による即効性があることでも知られています。

 

カロテン

主に細胞の抗酸化、免疫力アップに働きかける栄養素として有名なオレンジ色の色素です。
粘膜の強化にも直接働きかけることから、適量の摂取により網膜を強化、目の機能を助け疲れを和らげる効果が期待できます。

スムージーで、食材の目にも鮮やかな色彩と栄養素のブレンドによる疲れ目回復への相乗効果を楽しみましょう。

 

おすすめの食材

続いて、目の疲労回復に効果的な栄養素を含む食材をご紹介します。
これらが入っていると目の疲れを取る効果に期待が高まります。

ラズベリー

アントシアニンが豊富な果物として、よくブルーベリーと一緒に紹介されることが多いですが、骨の強化や造血に効果のあるリン、亜鉛、鉄がブルーベリーよりも豊富に含まれています。

さらに、脂肪分解に効果のある「ラズベリーケトン」も含まれているとあって、ダイエット中の女性にとってはまさにいいことずくめの食材です。

 

にんじん

カロテンが豊富で、同じく内包されるフィトケミカルによる解毒と排泄作用が期待される食材です。
肝臓の解毒作用を助け、疲れ目の回復に大きく貢献してくれます。

また、網膜の機能強化・免疫力アップにも働きかけるため、二重に目の元気を底上げしてくれます。

 

プルーン

ラズベリー同様アントシアニンが豊富な食材です。
また、便秘の解消、貧血の防止に効果的に働きかけ、腸を元気にしてくれるため、全身に栄養が行き渡るスピードが上がります。

そのため、アントシアニンが素早く目に届くようになり、疲れ目への即効性が期待できます。