スムージーでシミやソバカスをきれいに!4つの効果的な栄養素!

シミやソバカスは早く治したいですよね。
できてしまったシミやソバカスを消すには、栄養を摂取することが大切です。

シミ・ソバカスの原因や、シミ・ソバカスを解消するためのスムージーの材料をご紹介しましょう。

 

シミやソバカスをケアする方法

まずはじめに、なぜシミやソバカスができるのでしょうか?
肌にシミやソバカスができる原因から、効果的なケアの方法を探っていきたいと思います。

 

シミやソバカスができる原因は紫外線

シミやソバカスができる最大の原因は、紫外線です。
紫外線を長時間浴びると、活性酸素が体内で作られます。

活性酸素は肌の奥深くにあるメラニン色素をつくる細胞を活性化させるのです。

つくられたメラニンは、体の奥深くから表面へと出てきます。

肌の代謝がよければ、メラニンは古い角質と一緒に剥がれ落ちるので問題ありません。

ですが代謝が悪いとメラニンが肌に沈着したまま、シミやソバカスになってしまうのです。

肌の代謝は栄養をとることでUPさせ、体の内側からケアすることができます。

 

どんな栄養素でシミやソバカスをケアする?

シミやソバカスを予防・解消してくれるのは、主に以下の栄養素です。

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • リコピン

 

それぞれどんなはたらきや効果をもっているのかを詳しくご紹介します。

 

ビタミンA

ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康にかかわる栄養素です。
たんぱく質とくっついて新しい皮膚をつくり、メラニンが肌に沈着するのを防いでくれます。

新しくシミやソバカスができるのを防ぐのに適した働きをしてくれます。

 

ビタミンC

肌をきれいする栄養素といえば、ビタミンCというほど効果的で有名です。

ビタミンCは、皮膚の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンの生成に必要な栄養素です。

抗酸化作用もあるため、活性酸素のはたらきも抑えてくれます。
肌のうるおいが増して、きれいな肌を作り出し、ニキビや吹き出物なども治すことができます。

ビタミンCは加熱調理すると壊れてしまうので、生のグリーンやフルーツを使ったスムージーで補給しましょう。

 

ビタミンE

ビタミンEは別名「若返りのビタミン」とも呼ばれています。

ビタミンEは抗酸化作用によって肌の老化を防いでくれるのです。

血管を拡張して体の隅々まで栄養を届けるはたらきもあります。
ほかの栄養素の効果も上がる、とてもありがたい栄養素なのです。

 

リコピン

トマトなどに含まれるリコピンは、美肌の味方です。
強い抗酸化作用で活性酸素のはたらきを抑えることができます。

ほか、メラニンの生成に必要なチロシナーゼという物質を抑制する効果もあります。

肌の奥でメラニンをつくらせず、シミやソバカスをきれいにする効果があります。

 

シミやソバカスをケアするスムージーは?

シミやソバカスをケアできる栄養素が入ったグリーンやフルーツには、こんなものがあります。

 

トマト

トマトには1個当たりおよそ7~8mg程度のリコピンが含まれています。

リコピンが含まれている食材といえば、トマトが一番に挙げられるくらい豊富に含まれています。

リコピンの1日の摂取量の目安は15~20mgで、トマト2個分です。

スムージーにすればトマト2個分の栄養をとることはカンタンです。
レシピをかえれば飽きがこないので、気楽に毎日の習慣として続けられます。

 

いちご

いちごはビタミンCの宝庫です。

小さめのいちごを7~10粒食べることで、1日におけるビタミンCの必要量1000mgがしっかりとれるといわれています。

いちごはメラニンの生成を抑制するポリフェノール「エラグ酸」なども含んでいるため、シミやソバカスのケアにはピッタリのフルーツなのです。

 

ブロッコリー

ブロッコリーにはビタミンCやビタミンEといった美肌に効果がある栄養素や、必要に応じて体内でビタミンAに変換されるβカロテンなども含まれています。

特にブロッコリーのビタミンC含有量は100gあたり120mgと豊富です。

実は、つぼみの部分よりも茎の方がビタミンの量が多く含まれています。

もし、スムージーを作る場合には、茎を捨てずにミキサーにかけましょう。