冷え性を改善するために?効果的な栄養素やおすすめスムージーについてご紹介!

冷え性改善とスムージー

冷え性の改善はさまざまですが、効果的な栄養を摂ることで、冷え性になりにくい体質を作ることができます。
また、スムージーでは、それらの栄養素を簡単に摂ることができます。

スムージーと冷え性の関係性についてご紹介します。

 

冷え性を改善するには?

冷え性改善するためのポイント

冷え性の原因は、いくつか考えられますが、その中で特に多いのが、血行が悪いことです。
血が末端まで巡回せずに冷え性となるケースが非常に多いです。

冷え性は女性に多い症状ですが、それは筋肉量が少なかったり筋肉の動きが小さいことで、血の巡りが悪くなっています。

また、その他にも食生活の栄養の偏りや、喫煙によって血管が収縮していることなどが考えられます。

そのため、冷え性を改善するためには、以下のことが重要になります。

  • 血行を良くする
  • バランスの良い食生活
  • 喫煙を避ける

 

血行を良くするためには、様々な方法があります。
適度な運動やマッサージ、布団や温かい飲み物で体を温めるなどがあります。

これは、冷え性によって、しもやけができた後でも効果がある方法です。

また、偏った食生活は、特に野菜をとっていないことによってビタミン不足になり、冷え性へとつながります。
冷たい物ばかり食べていることでも、冷え性の原因につながります。

たばこの喫煙は、血管を収縮させる働きがあります。
血液がうまく体中に回らなくなることにより冷え性になりやすくなります。

喫煙の年数が長いほど、冷え性になる危険性が増すため、注意が必要です。

 

冷え性改善に効果的な栄養素は?

食生活を見直すことで、冷え性が改善できることがわかりました。
この改善方法は、体の内側から変えるため、冷え性になりにくい体づくりもできます。

長期的な視点で考えると、とても良い改善方法です。
食生活で冷え性を改善するには、以下の栄養素を摂ることが効果的です。

  • ジンゲロール
  • ビタミンE
  • リンゴ酸
  • クエン酸

 

ジンゲロール

ジンゲロールは、血管を拡張させる働きを持つ栄養素です。
摂取することで、収縮していた血管を拡張させて血行を良くすることで、冷え性改善につながります。

冷え性改善の代表的な栄養素なので、意識的に摂取すると良いです。

また、寒い状態だとどうしても血管が収縮して、血行が悪くなります。
ジンゲロールには、血管を収縮させるプロスタグランジンという物質を抑える効果を持ちます。

冷え性になりにくい体質へと導く効果があります。

 

ビタミンE

ビタミンEは、血液の循環を促進する働きがあります。
流れが循環になることで、手先などの今まで血流が悪かった部分にも、血がめぐるようになります。

また、ビタミンEには冷え性の原因にもなる動脈硬化を抑制し、新陳代謝もあがります。

 

リンゴ酸・クエン酸

リンゴ酸やクエン酸には、血液をサラサラにする効果があります。
ドロドロの血液は、血流が悪くなり、冷え性となりますが、それを防ぐことができます。

特に、バランスの偏った食生活を続けていた人には効果が期待できる栄養素です。

 

効果的な食材

冷え性改善効果のあるスムージーのおすすめ食材

しょうが

冷え性改善に、まず最初に挙げられるほど効果的なのが、しょうがです。
しょうがにはジンゲロールが豊富に含まれています。

ジンゲロールが豊富に含まれている食材は少ないため、しょうがを摂るのは非常に効果が期待できます。
基本的に生で食べた方がジンゲロールを多く摂取できます。

国産のしょうがにはジンゲロールは約700~800ppm含まれていて、熱帯産の生しょうがで1500ppmほど含まれています。

一日の目安として、スライス状のしょうがを6枚程度となります。

 

ごま

ごまにはビタミンEが豊富に含まれています。
血流の循環を促進させて、冷え性の改善につながります。

多く入れてもそれほど味に変わりがないため、スムージーではたくさん摂取することができます。
また、抗酸化力などがあるため、美容効果も期待できます。

 

あんず

あんずには、多くのクエン酸が含まれています。
酸っぱければ酸っぱい程、たくさんのクエン酸を含みます。

また、あんずには、リンゴ酸も豊富に含まれています。
この二つの成分によって、血液をサラサラにしてくれることによって冷え性改善へと導きます。