意外な効能?肩こりを解消してくれるスムージーの効果!

スムージーで肩こりを解消できる効果

パソコンやスマホを長時間見ていたり、姿勢が悪かったりすると肩がこりますよね。

肩こりを解消するためには姿勢を正すことや適度な運動が効果がありますが、意外なことに栄養を摂ることも効果的なのです。

スムージーの栄養で肩こりを解消するには、どんな材料が最適なのでしょうか。

 

なぜ肩こりになるの?原因とメカニズムについて

肩こりになる原因は諸説ありますが、多くの場合は次のように大別されます。

  • 長時間同じ姿勢をとり続けることで筋肉が緊張・疲労する
  • 精神的なストレスによって首や肩周辺の筋肉が硬くなる
  • 目や腕・指を酷使することで首から肩・腕の筋肉が疲労する
  • 冷えによって筋肉が緊張する

 

筋肉が緊張すると、血管が収縮して血行が悪くなります。

血行が悪くなることで、筋肉に必要な酸素や栄養素が運ばれなくなり、痛みの物質が生成されて「肩がこる」状態になるのです。

 

肩こりを解消効果のあるスムージー

肩こりを解消するためには、血行をよくする必要があります。
血行促進に効果がある主な栄養素は以下の4種類です。

  • 硫化アリル
  • ビタミンB1
  • ビタミンE
  • ルテオリン

 

それぞれの栄養素の特徴をご紹介しましょう。

硫化アリル

硫化アリルはにらやにんにくの匂いのもとになる成分で、血液をサラサラにする効果があります。
ビタミンB1の吸収や活性化も促進してくれるので、一緒に摂取することで肩こり解消の効果が期待できます。

 

ビタミンB1

糖質をエネルギーに変える働きを持っています。
ビタミンB1が不足していると筋肉にエネルギーが不足して、慢性疲労や肩こりの原因につながりがちです。

ビタミンB1を多く摂取することで、エネルギーが増して肩こりが解消されます。

 

ビタミンE

赤血球や血管を柔らかくする効果があります。
血管が柔らかくなると、血流がよくなって筋肉に蓄積した疲労物質が運び出されます。

疲労がたまっていた部分が回復して肩こり解消につながります。

 

ルテオリン

血行をよくして体内の老廃物の代謝を促進します。
また、抗酸化作用・抗アレルギー作用にも優れている栄養素です。

 

肩こり解消に効果があるスムージーの食材は?

では、肩こり解消に効果がある成分の入ったスムージーの材料にはどんなものがあるのでしょうか。
特におすすめの食材を3種類ピックアップしてみました。

にら

にらには、硫化アリルのほかビタミンEやβカロテンなども豊富に含まれています。
硫化アリルとビタミンEが血流をよくすることで、肩の筋肉の疲労を軽減してくれる効果が期待できるのです。

肩こりだけでなく髪・皮膚の健康維持や生活習慣病の予防などにも役立ちます。

 

にんにく

にらと同じく、にんにくにも硫化アリルが多量に含まれています。
にんにくにはスコルジニンという成分も含まれていて、血管を拡張したり新陳代謝を促進してくれる作用があります。

ただし、にんにくを生でたくさん食べると貧血を起こす危険性もあるので、摂りすぎないよう注意が必要です。

 

春菊

ルテオリンやビタミンB1、鉄分、カルシウム、カリウム、ミネラルなども含み、貧血や骨粗鬆症の予防や血圧の安定にも効果があります。

にんにくやにらに含まれる硫化アリルと一緒に摂ればビタミンB1の吸収や活性化も促されるので、より一層効果的に栄養が摂取できます。

スムージーにしてほかのフルーツなども一緒に摂れば、飲みやすくなるのでおすすめです。