スムージーを作り置きしたいときに役立つ保存期間と保存のポイント

スムージーの保存方法とポイント

スムージーは、味や栄養面において作りたてを飲むことが一番良いです。

ただし、持ち運びや事前に作っておきたい場合には、スムージーを正しく保存するようにしましょう。

 

スムージーが持つ時間は?

スムージーはどれくらい持つ?

保存する方法はいくつかありますが、味、栄養面でも時間が経過するごとに、変化していくので、早めに飲むようにしましょう。

賞味期限の目安は、美味しく飲みたい場合は冷蔵保存で1日、冷凍保存は2週間以内に飲むことをおすすめします。

消費期限としては、時間が経つごとに味は落ちていきますが、冷蔵保存で2〜3日以内、冷凍保存は2週間以内に飲むようにしましょう。

これは、自宅でスムージーを作る場合も粉末スムージーで作る場合でも、だいたい同じ目安として覚えておくと便利です。

特に冷蔵保存は、使用する材料の状態や、冷蔵庫内の温度に大きく左右されます。

食中毒予防のためにも、スムージーの匂いや見た目の変化に注意を払ってください。

 

保存方法のポイント

スムージーを保存するポイント

スムージーを保存するためのポイントは「温度」と「酸化」です。

生の野菜・フルーツを使用するスムージーは生ものなので、とても痛みやすい飲み物です。

 

ラップ・密閉容器で保存

保存する方法としては、常温保存ではなく冷蔵、冷凍保存してください。

低温度で保存することで細菌の活動力を弱くします。

また、「酸化」の原因となる酸素となるべく触れさせないようにすることで、酸化防止もできます。

冷蔵庫で保存する場合は、乾燥にも注意するようにしましょう。

スムージーは飲み物なので、冷蔵庫内の乾燥状態によって水分が蒸発しないように、ラップをかけるのを忘れないようにしてください。

 

ビタミンCを多めに入れる

スムージーはミキサーで材料を撹拌した瞬間から、時間とともに酸化が進んでいきます。

時間が経つと、水分と内容物が分離し、酸化によって味も劣化していきます。

酸化を抑えるには、ビタミンCを多く含むものを入れることで防止できます。

レモン汁や食用のクエン酸を使用すると、ビタミンCが酸化防止剤として働き、2〜3日程度は日持ちするようになります。

 

冷凍保存はできる?

スムージーは冷凍保存できる?

スムージーは冷凍保存の方法を上手く使い分ければ、冷凍保存は可能です。

上手に冷凍保存する方法をご紹介します。

 

材料を冷凍保存

スムージーで使用する野菜やフルーツをミキサーで撹拌しやすい大きさにカットし、1回分の材料ごとに密閉袋に入れて冷凍します。

材料を小分けで冷凍することで、スムージー作りがより簡単になります。

フルーツは特に痛みやすいため、冷凍保存することで保存もしやすくなります。

飲むために使用する時は、凍ったままミキサーで撹拌してください。

風味が損なわれず美味しく出来上がります。

解凍してしまうと水分が出てしまったりと味が変化してしまう可能性があります。

 

出来上がりスムージーを小分けで冷凍

作り置きすると時間とともに酸化が進んでしまいます。

作り置きすると、味も悪くなりせっかくの酵素も、飲む時には効果半減してしまいます。

そこでおすすめの方法が、製氷皿を使用した冷凍方法です。

作りたてのスムージーを製氷皿に入れて小さい氷状にします。

氷状にしたものを、ジップロックなどの密閉できる袋状のパックに、なるべく空気を入れずに密閉状態にして冷凍します。

スムージーを飲みたい時には飲みたい量だけ取り出し、別の袋パックに入れ替え、自然解凍、又は湯煎で解凍します。

湯煎での解凍の際の注意点は、「温度」です。

50度を超えてしまうと、豊富な酵素も壊れて、摂取できなくなるため、50度以内で解凍するようにすることが大切です。