スムージーで太ってしまう原因と対策できる2つの重要ポイント

スムージーで太ってしまう原因と対策

スムージーで太ってしまう場合には、なにか原因があります。

その原因を知り、正しい対策を行うことで、スムージーダイエットの成功へと近づきます。

 

スムージーで太ることはある?

スムージーで「痩せたい」など、ウェイトコントロールを期待するのであれば正しい情報を持つことが大切です。

間違った摂取を続けてしまうと、期待する効果も得ることはできず、逆に太ってしまう場合も存在します。

スムージーで太ってしまう原因についてよく知ることで、スムージーでダイエットを成功させる近道となります。

 

スムージーで太る原因

スムージー太りのダメな原因

 

糖質オーバー

スムージーは野菜と果物を使用します。

組み合わせによっては糖分、栄養価が高くなり、摂取カロリーが高くなってしまうことがあります。

フルーツの甘みは果糖というもので、甘みの強いフルーツほど糖分も多くカロリーも高くなります。

フルーツを多く使用すると、飲みやすく味も美味しくなる反面栄養価、特に糖分には注意が必要です。

フルーツだけでなく、牛乳や豆乳、ヨーグルトを使用する場合もその分のカロリーや栄養価のバランスを考えたレシピ構成が大切です。

また、他の食事も栄養バランスを特に意識せず糖質を多く摂ってしまうと、カロリーオーバーになり、スムージーの効果は出にくくなります。

 

短期集中してしまう

スムージーでダイエットする場合には、置き換えダイエットが主流ですが、無理のしすぎは太る原因になります。

朝食をスムージーへ置き換えた分、昼食や夕食にたくさん食べ過ぎてしまうと、置き換えダイエットの失敗につながります。

気持ち的にも無理をしてしまうと、うまく結果が得られなかった場合、続けることが困難になる原因になります。

スムージーは体内から、老廃物を排出し、基礎代謝を上げるための体質改善を行うので、短期間ではなく気持ちにもゆとりを持って続けて行うことが大切です。

 

スムージーで太らないためには?

スムージーでダイエットするポイント

 

カロリーコントロールする

普段食べる野菜や果物のカロリーや、栄養成分について、正しい知識を持っている方は少ないかと思います。

食材単体で考えると、実際のカロリーや糖分はどれくらいなのかなかなか考える機会も少ないと思います。

スムージーでウェイトコントロール効果を期待するのであれば、だいたいでも良いので食材の栄養価、カロリーを知ることでより効果を得やすくなると思います。

スムージーのレシピを考えるときにも、食材の知識があればその時の自分の体調に合った栄養価を摂取するためにも役立ちます。

そこで特に大切なポイントは、脂肪の増加に影響する糖質をどのくらい摂取しているのかを意識することです。

厳密に計算することは難しいですが、1日に摂取する糖質の量を意識して、必要以上に摂りすぎないように意識することで、カロリーコントロールができるようになります。

その点では自宅で作るスムージーよりは、市販で売っているスムージーの場合は、コントロールが簡単です。

低カロリーのスムージーも多くあり、毎日簡単に摂取することができるため、ここでは、ダイエットの場合に市販のスムージーをおすすめしています。

 

相乗効果でモチベーション持続

ダイエット効果を期待するのであれば、結果が目に見えて現れることは大切です。

自身の体質管理や体質改善のためであっても、結果がわからないとモチベーションも続きにくくなってしまいます。

スムージーで摂取カロリーの管理、高栄養を摂取しながら、敵度な運動を行うことで、脂肪が燃焼しやすい体へ、体質改善していくことができます。

運動することでストレスや気分の発散にもなるのでおすすめです。