青汁とスムージーはどっちがいいの?それぞれのメリットデメリット

スムージーと青汁の違い

青汁とスムージーにはそれぞれ良さがあります。

適した方を選ぶことで、より効果が期待できます。

青汁とスムージーの違いとメリットデメリットについて、紹介していきます。

 

青汁とは?

そもそも青汁の定義は?

青汁とは、ケール・大葉若葉など緑葉野菜を絞った飲み物のことです。

健康食品として引用され、主に粉末状のものを水で溶いて飲むタイプが主流になっています。

最近では、飲むやすさも改善され、様々な味が選べるように改良され、種類も増えています。

青汁アレンジのお菓子や料理も多くあり、野菜不足を補うために、年代問わず利用されています。

主な材料はケール、明日葉、大麦若葉の3種類です。

材料ごとに含有栄養素が異なるため、期待する効能や味で選ぶことができます。

 

スムージーとは?

スムージーの定義は?

生の野菜や果物、凍ったものを、丸ごと使用したシャーベット状の飲み物です。

皮などもそのまま使用するため、栄養価も高く新鮮さがポイントです。

熱を加えないので、生きた酵素が摂取できます。

素材を丸ごと使用するため、野菜ジュースなどと比べると、とろみがありシャーベットのような食感で、簡単で効率良く野菜が摂取できます。

飲みごたえがあり腹持ちが良いので、食事と置き換えて飲用されることが多いです。

使用する材料の組み合わせで味も豊富で、飽きずに続けやすい味のバリエーションもポイントです。

 

どちらを選べば良いの?

青汁とスムージーのメリットデメリット

青汁とスムージーはどちらも栄養豊富で、体への色々な効果も期待できる飲み物です。

「野菜不足を補うため」「効率良く栄養摂取したい」など、選ぶポイントは様々ですが、青汁とスムージーを選ぶポイントをご紹介します。

自分の重視したいポイントで選んでみましょう。

 

青汁のメリットデメリット

青汁の良い点と悪い点は、主に以下のことが挙げられます。

  • 携帯しやすい
  • 水に溶かして簡単に作れる
  • 野菜特有のクセが味に出てしまう
  • 途中でやめやすい

 

スムージーのメリットデメリット

スムージーにも、自宅で作るフレッシュスムージーと、市販の粉末スムージーの2種類があります。

これらは、メリットデメリットが大きく異なるため、別々に挙げていきます。

まず、自宅で作るスムージーには、以下のような良さ悪さを挙げることができます。

  • 好みの味に調節できる
  • バリエーションが豊富
  • 生酵素で栄養満点
  • 保存しづらい
  • 作るのに手間がかかる

こちらは、市販の粉末タイプのスムージーの特徴です。

  • 気軽に持ち運べる
  • 水に混ぜるだけで簡単に作れる
  • 満腹感を得られるものが多い
  • 口に合わないスムージーを買ってしまう場合がある

味の美味しさで比較するとしたら、美味しく飲めるのは「スムージー」です。

青汁は1種類の葉物野菜で作られていますが、スムージーは野菜とフルーツを組み合わせて作ります。

青汁と同じ葉物野菜も使用しますが、スムージーはフルーツを加えます。

フルーツがプラスされることで、甘みと酸味が加わり、葉物野菜の青臭さが軽減され、飲みやすいのが特徴です。

組み合わせによって味の種類も豊富です。