痩せれない原因となる高カロリースムージーになりやすい注意食材

高カロリースムージーにする食材

スムージーは様々な食材を使って作ることができます。

気をつけていないと、すぐ無駄に高カロリーなスムージーが出来上がってしまいます。

それを避けるために、高カロリーになりやすい要注意食材をまとめてみました。

低カロリーなスムージーを続けることで、ダイエットやスタイルアップへとつながります。

 

スムージーが高カロリーになりやすい食材

野菜編

太りやすくなるスムージーへ導く野菜

野菜は果物に比べると全体的に低カロリーなものが多いですイメージがありますが、種類によっては果物以上にカロリーが高い野菜があります。

品質改良によって甘さを強く作られた野菜もあります。

また、野菜自体のカロリーの数値も大切ですが、糖質の高さもスムージーの摂取カロリーに大きく影響します。

特に以下の野菜は、カロリーが高くなりやすいので、低カロリーのスムージーを作りたい場合には、あまりおすすめしません。

  • フルーツトマト
  • フルーツキャロット
  • にんじん
  • れんこん
  • ジャガイモ
  • サツマイモ
  • かぼちゃ
  • 豆類
  • スイートコーン
  • タマネギ
  • 大根

スムージーの食材としても良く利用される、フルーツトマトやフルーツキャロットは、他の野菜と比べても特に甘みが強く味も美味しいのが特徴です。

美味しい反面、フルーツトマトは、果物のスイカと同じぐらいの糖度があります。

糖分が多くカロリーが高くなりがちなので、スムージーに使う際には、注意しましょう。

また、根菜や芋類も使う場合には注意が必要です。

野菜といってもかなりの種類がありますが、その中でも緑色=グリーン野菜は低カロリーで糖質も低いものが多いです。

その反面、土の中で成長する根菜類や芋類の野菜はカロリーだけでなく糖質が高い物が多い傾向にあります。

 

果物編

高カロリーにする果物

スムージー に使用されるので食材のなかでも果物は、特にスムージーの「美味しさ=味」に大きく影響します。

フルーツを多く使用するすると、味も美味しく飲みやすいスムージーになります。

果物は甘みがある分、糖分が多いためカロリーも高くなります。

特に以下のような果物が挙げられます。

  • バナナ
  • もも
  • イチジク
  • マンゴー
  • パパイヤ
  • アボガド

これらの果物のような甘味が強い果物は、糖度が高くカロリーも高いものがほとんどです。

また、スムージーの食材としても手に入りやすく、どんな食材にも合わせやすい食材が多いため、使用量や他の食材との組み合わせで、摂取するカロリーに注意する事が大切です。

果物の中には、しっかりと甘さはあり、糖分が低い物もあります。

甘味と酸味のバランスがよいイチゴやキウイは、スムージーを美味しく口当たりがよくしてくれます。

食材の特性を知ることで、カロリーと糖質を上手くコントロールしながらスムージー生活を続けることができます。