夏にスムージーを作る際のおすすめ食材13種!おすすめの飲み方も紹介

スムージーを夏に美味しく飲むには食材が大切

夏に旬を迎える食材は多くあります。

その中でも、スムージーに入れるのにおすすめの食材について、ピックアップしてみます。

手軽においしいスムージーを作ることができます。

 

夏におすすめのスムージー食材

夏に一押しのスムージー食材

夏は昼夜問わず気温が高く、日中は太陽からの紫外線も強烈に降り注ぎます。

多量に汗をかくことで体内の水分不足や、体温調整機能バランスを崩すことで起こる熱中症など、気温の高さが身体への負担を大きくする時期です。

そんな夏に旬の野菜・果物は水分が豊富に含まれていて、カリウムやビタミン豊富な食材が多いのが特長です。

さらに、身体の水分補給、美肌効果、免疫力アップ、老廃物排出効果が期待できる食材が揃っています。

スムージーに使いやすい、夏の食材をピックアップしてみました。

  • きゅうり
  • トマト
  • かぼちゃ
  • ゴーヤ
  • ピーマン
  • スイカ
  • メロン
  • さくらんぼ
  • もも
  • パイナップル
  • パパイヤ
  • ブルーベリー
  • ラズベリー
  • マンゴー

夏が旬の食材は、水分やカロテン、ミネラル成分のカリウムを多く含んだものが多く、体内にこもった熱を身体の内側からクールダウンさせてくれる食材が多くあります。

体温の調整機能や、老廃物排出のデトックス効果も期待できます。

1年で気温が1番高くなる夏場は、汗をかくことで体温の調整を行います。

発汗によって体温が調整されるのは良いのですが、大量に汗をかくとその分体力が消耗していきます。

暑さで食欲も低下し、汗をかくことで体力も同時に奪われていきます。

水分だけでなく、夏の暑さに負けない体を内側から作ってくれる効果があります。

また、夏の食材は色も鮮やかなはっきりとしたビタミンカラーで、食欲も刺激してくれる効果があります。

 

夏におすすめのスムージーの飲み方

スムージーを夏に飲むにはこんな飲み方が良い

夏は気温が高く、冷房が効いた涼しい室内と屋外との気温・湿度の急激な変化を頻繁に受けるため、夏バテ症状で体調を壊しやすい季節です。

水分豊富で栄養バランスの良い食材を摂取するためにも、おすすめの飲み方をご紹介します。

 

冷凍食材をつかってひんやりスムージー

飲みやすさ倍増
夏の暑い時期におすすめの飲み方は、冷たくさっぱりとしたスムージーです。

スムージーの食材は、食材の下準備で1回分の食材を小分けして冷凍で保存することで、スムージが簡単に作ることができます。

使う食材を冷凍で保存できる点も手間が省けるため、おすすめの飲み方です。

 

酸味と甘みをうまく使ったスムージー

ブルーベリーやラズベリーは、スムージーに入れる食材としてとても人気があります。

酸味と甘みのバランスがよく、おいしくてとても飲みやすくなります。

特に、紫外線でダメージを受けた肌を内側からケアしたり、クエン酸、酵素は特にビタミンB1と同時に接種することで疲労回復効果も期待できます。

果物の甘さは身体的だけでなく、程よい甘さで気分のリフレッシュにも効果的です。