スーパーフードって?スムージーに入れるおすすめスーパーフードはこの8つ

スムージーへのおすすめスーパーフード

スーパーフードには、様々な食品があり、それぞれ違う効果をもたらします。

スムージーにはスーパーフードを入れやすく、よく好まれて用いられます。

 

そもそもスーパーフードって?

スーパーフードとは

海外セレブや芸能人がスーパーフードを取り入れたりするなど、健康、美容に良いと注目されている食品です。

そもそもスーパーフードとは、植物由来の高い栄養価の食品で、そのほとんどがカロリーも低いという特徴があります。

栄養バランスの高さから自然由来のサプリメントとも言われており、スーパーフードと呼ばれる食品は数多く存在します。

また、特定の栄養成分が極端に多く含まれているものや、少ない量で栄養成分の接種や効能が得られるというメリットもあります。

日本スーパーフード協会というものが存在し、ここでスーパーフードと認める食材を選定しています。

 

スーパーフードの魅力は?

スーパーフードのメリットと効果

スーパーフードの魅力は、高い栄養成分と、長い間愛用されてきた歴史が大きな魅力と言えます。

自然や植物が持つ生きるパワーを体内に取り込むことで、健康へと導く食品として、古くから親しまれ、愛用されてきました。

もちろん最近話題となり、スーパーフードの仲間入りした食品もあります。

スーパーフードはそれぞれ高い効果を持っていますが、食品によって効果は様々です。

 

どんな食品がスーパーフードなの?

一般的には、以下のような食品をスーパーフードと呼んでいます。

  • アサイー
  • アムラ
  • カムカム
  • スピルリナ
  • カカオ
  • キヌア
  • チアシード
  • ヘンプ
  • クコの実(ゴジベリー)
  • アーモンド
  • マカ
  • ブロッコリースプラウト
  • ゴールデンベリー
  • フレックスシード
  • マキベリー
  • ターメリック(ウコン)
  • ココナッツオイル
  • マヌカハニー
  • 抹茶
  • ビーポーレン
  • バオバブ
  • ドラゴンフルーツ
  • シーバックソーン
  • シラジット
  • ブルーグリーンアルジー
  • モリンガ
  • ルクマ
  • ダンデライオン
  • マルベリー
  • ベラックミンシード など

日本スーパーフード協会では、この中から10種類の食品のみをスーパーフードとして選んでいます。

厳密に言うと、この10種類が正式なスーパーフードとして扱われます。

  • チアシード
  • アサイー
  • ココナッツオイル
  • スピルリナ
  • マカ
  • カカオ
  • カムカム
  • クコの実
  • ブロッコリースプラウト
  • ヘンプ

 

スムージーにおすすめのスーパーフード

スムージーに入れるスーパーフードのおすすめ

手に入りやすく、人気なスーパーフードの特徴、効能を紹介していきます。

スムージーは食材を粉砕させて作るものなので、栄養成分を効率よくとるためにも食品の形状もスーパーフードの形状は、実、パウダー状になっているもの、オイル状のものはスムージーに混ぜても混ざりやすくのでおすすめです。

 

アサイー

栄養バランスだけでなく、味もおいしいためスムージー向きの食品です。

高い抗酸化作用のあるポリフェノールの一種、アントシアニンが多く含まれており、活性酸素が身体の老化を予防する効果や眼精疲労やドライアイ予防の効果があります。

また、肌にハリ・ツヤを与える効果もあるため女性に嬉しいアンチエイジングと美肌効果を得ることができます。

アサイーは牛乳の2倍以上のカルシウム、鉄分も豊富に含まれているため貧血予防にも効果があります。

 

チアシード

スムージーに入れるスーパーフードの中では圧倒的に人気があるのがチアシードです。

豊富な食物繊維が特徴で、カルシウム、鉄分も含まれています。

腸内環境改善、免疫力アップ、高血圧予防、貧血予防にも効果が期待できます。

調理の必要がなく、好みのスムージーに混ぜるだけなので手軽に摂取できるのも魅力です。

 

スピルリナ

スピルリナは藻の一種で、食物繊維、βーカロテン、ビタミンB、E、ミネラルが含まれています。

抗酸化作用、腸内環境改善、基礎代謝アップ、貧血予防などの効果が期待できます。

また、食物繊維が豊富なので、スムージーに少量加えるだけで、膨満感を得られるので腹持ちも良いためダイエットにも最適です。

 

カムカム

南国生まれのフルーツで、ビタミンCの含有量が突出しているため、食品だけでなく化粧品などでも注目されている食品です。

アセロラの2倍、レモンの60倍、ブルーベリーの300倍のビタミンCが含まれており、フルーツの中ではトップクラスの含有量です。

ビタミンCには、女性に嬉しい効果が詰まっていて、抗酸化作用やアンチエイジング、疲労回復、代謝・免疫力アップ、ホルモンバランスを正常化させる効果が期待できます。

高い美容効果が期待できるため、特に女性におすすめのスーパーフードです。

 

抹茶

日本人にもっとも親しみのあるスーパーフードです。

カテキン、ビタミン、食物繊維。カフェイン、テアニン、サポニンなどが含まれています。

抹茶に含まれるカテキンは、血糖値を緩やかに上昇させ脂肪の吸収率を抑制してくれる働きがあり、カテキンの利尿作用と相まってむくみも改善するなど、体内デトックス効果が期待できます。

特に身体機能が動き出す朝に摂取すると、新陳代謝が高まり、脂肪を効率よく燃焼させてくれるのでおすすめです。

スムージーに入れすぎると青汁に近い味わいになり、飲みやすさがなくなってしまうので、適度に入れるよう注意しましょう。

 

クコの実

漢方食材として知られていて、栄養成分の高さと効能から古くから親しまれている食品です。

ビタミンB2・C、食物繊維、βシトステロール、ポリフェノールが含まれてます。

脂肪燃焼を高め、腸内環境改善、美肌効果、悪玉コレステロールの減少など健康、美容ともに効果が期待できます。

乾物状態のものがほとんどなので、スムージーに利用する場合は、事前に水で柔らかくし、戻した水と一緒にまぜると栄養成分が無駄なく接種することができます。

 

キヌア

穀物の一種でダイエット効果が期待できる食品です。

麦や米と比較すると低カロリーでタンパク質、食物繊維、カルシウムが倍以上含まれています。

穀物なので満腹感を得やすく、食事と置き換えのスムージーには最適な食品です。

糖質も低く、血糖値の上昇も緩やかなので、脂肪吸収を抑制します。

また、ホルモンバランスを整えてくれるので、女性特有の生理前後の不調をサポートしてくれる働きもあります。

 

フラックスシード

亜麻仁オイルの原料である亜麻(フラックス)の種です。

熱に弱い特性があるので、ホットスムージーにするには、あまり温度を上げてはいけません。

オメガ3脂肪酸、食物繊維、タンパク質、脂肪酸などが豊富で、血糖値の上昇を抑制し、コレステロール値を減少させる効果があります。

腸内環境を改善させデトックス効果や、美肌効果、アレルギー症状の軽減なども期待できます。