野菜ジュースとスムージーってどっちがいいの?良い点と悪い点を比較

野菜ジュースとスムージーを徹底比較

野菜ジュースやスムージーは、スーパーやコンビニエンスストアでも様々な種類が販売されています。

良い点と悪い点から野菜ジュースとスムージーのどちらが適しているのかが見えてくるはずです。

 

野菜ジュースのメリットデメリット

 

保存やコスト面でお手軽

種類が豊富で、色んな場所で販売されているため、気軽に手軽に飲むことができます。

保存する場合でも、常温保存できる野菜ジュースがほとんどです。

値段もお手頃なものが多いため、お財布への負担も少なく継続しやすい特徴があります。

 

飲みやすさにあたり外れがある

野菜ジュースは、糖分を多く含ませて、ほぼジュースのように仕上げているものはとても飲みやすい特徴があります。

本格的な野菜ジュースになると、数多くの野菜が含まれていて、人工甘味料を使っていないものまであります。

人によっては、口に合わないこともよくあるため、自分にあった野菜ジュースを見つけることがポイントです。

自分にあった野菜ジュースを見つけるまで苦労する場合もあります。

 

気軽に持ち運べる

1回分の容量で個装されているものから、1ℓ〜2ℓの大容量タイプと容量も用途によって選ぶことができます。

冷やして水筒に入れることも、常温のままペットボトルで飲むこともできます。

 

 

栄養分が少ない

野菜ジュースは、製造過程の中で加熱処理が行われています。

作られる段階で加熱など処理されることで、野菜や果物の栄養成分が減少してしまいます。

全ての栄養成分が減少してしまうわけではありませんが、生の野菜成分と比較すると栄養分が少なくなります。

 

糖分・カロリーが高い

飲みやすくおいしい野菜ジュースですが、味の調整のために糖分が加えられている野菜ジュースも多くあります。

そのためカロリー自体が高くなってしまうため、健康や美容のために飲用していても、摂取カロリーが高くなってしまうことがあるので気をつけてください。

野菜ジュースも種類によっては、無添加の野菜ジュースを選ぶポイントにするのもおすすめです。

 

スムージーのメリットデメリット

スムージーの良い点

 

スムージーは生野菜、果物を使用するのが一番の特徴です。

自宅でオリジナルのスムージーを作る場合と、市販の粉末タイプのスムージーで摂取することもできます。

自分のライフスタイルや好みに合わせて、作り方を選ぶこともできます。

 

栄養成分が豊富

生野菜、果物をそのまま使用しているので、素材の栄養分を捨てることなく、すべて摂取することができます。

特にその時期の旬の野菜や果物を使用して作るので、一番栄養価も高く、味もおいしい食材で作ることができます。

何より、数種類の食材を組み合わせて作るので野菜不足を補うことができます。

生野菜、果物を使用するので生きた酵素が摂取できるため、体に様々な効果をもたらします。

 

美容・ダイエット効果が高い

スムージーは食材を皮ごと使用するので、スープやシェイクのようなとろみがあります。

このとろみ感は満腹感をもたらすため、食事と置き換えてダイエットする「置き換えダイエット」が主流です。

食事と置き換えることで、摂取カロリーを抑えることで、ダイエット効果やデトックス効果が期待できます。

また、美容効果の高いビタミンCやビタミンEを始めとする栄養素を簡単に摂取することができます。

美肌・アンチエイジング効果があり、女性から人気を集める理由の一つです。

 

味の幅が広い

自宅で作るスムージーは食材の組み合わせによって味の幅も豊富です。

自分の好みや、その時期の食材を使用することで様々なフレーバーで楽しむことができます。

またコールドスムージーやホットスムージーなども楽しめます。

市販の粉末対応のスムージーも種類が豊富なので、高い栄養価で複数の味を選ぶことができるタイプも多くあります。

溶かすものを水だけでなく、豆乳や牛乳などアレンジすることもできます。

 

手間・コストがかかる

スムージーでも、自宅で作るフレッシュスムージーは自分の好みや効果に合わせてオリジナルのものが作ることができる反面、スムージーを作る手間がかかってしまいます。

スムージーを作るためのミキサーがまず必要です。

スムージーを作る場合、食材のカットから、機材の後から付けも必要です。

また、自分で作る場合は生野菜、果物の食材コストも発生します。

新鮮な野菜を使用するので、保存がききにくいため、冷凍保存するなど食材の事前処理をすることで食材ロストを減らす手間も必要になってきます。

 

保存期間が短い

自宅で作るスムージーは、生ものなので保存に向いていません。

外出先へ携帯するなど、栄養価も半減し、雑菌の繁殖や食中毒など衛生上おすすめすることができません。

外出先などで飲用する場合は、粉末タイプのスムージーにするなど目的に合わせて摂取するようにしてください。

自分で作るフレッシュスムージーを飲みたいという方は、朝や夜などの自宅にいる時間帯に摂取するように、上手く日常生活の中で取り入れることが大切です。